本来は白根山が正式名称であるが、他の白根山と区別するため、草津白根山として呼ばれます。また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171mの本白根山が最高峰となります。一つの火山の山体として捉える際は後者の考え方をとります。

特徴

9d7ba52c-96b6-e4b9-dc56-af1b05e45aa0
山頂付近は白い山肌が広がっているのが特徴であるが、1882年の噴火以前は火口付近まで緑が広がっていたといわれています。山頂付近には複数の火口湖が形成され、湯釜、水釜、涸釜と呼ばれています。かつて、山腹にはいくつかの硫黄鉱山が存在し、鉱山跡が現在も残っています。
9696b1b6-8275-5a11-b6cb-b481740e0d50



湯釜

湯釜(ゆがま)は、直径約300m、水深約30m、水温約18℃の火口湖である。pHが1.0前後であり、世界でも有数の酸性度が高い湖と言われています。これは火山ガスに含まれる塩化水素や二酸化硫黄が水に溶け込み、塩酸や硫酸となったためと考えられています。湖水は白濁した青緑色をなしており、水に溶け込んでいる鉄イオンや硫黄などの影響で特定の波長の光が吸収されてこのように見えると考えられています。
湖底や沿岸には硫黄が沈殿しており、戦前から1960年頃まで鉱山会社によって採取されていた。同時に噴気孔から噴出する硫黄分を含む蒸気からの硫黄採取も行われており、湖岸には硫黄運搬用のトロッコやリフトが敷設され、事務所や作業所が立ち並んでいました。噴火にともなう高温の蒸気やガスによって鉱山労働者に死傷者が出ることもしばしばあったということです。
火口縁には湯釜を望む展望台が設置されています。
なお、後述の噴火警戒レベルの引き上げに伴い、2014年6月3日以降は湯釜の周辺への立ち入りができなくなっており、周辺の道路にも「湯釜は見れません」という案内が出ているます。




白根山

Categories: 登山

Comments are closed.