下呂温泉

2018年のゴールデンウィークは、日本三名泉の一つ下呂温泉へ行くことに。

下呂温泉は、

岐阜を代表する日本三名泉として有名で、有馬温泉や草津温泉とともに全国的にも人気がある。温泉街の中は、温泉情緒もあり温泉散策にもぴったりでおすすめです。そんな下呂温泉ですが、その歴史はなんと1000年も遡ることになります。

下呂温泉のシンボルである益田川の河原の河原露天風呂は有名で、男女とも水着の着用が義務付けられている無料露天風呂です。

 

東京から名古屋駅に新幹線で到着後、名古屋駅からワイドビューひだに乗りかえ下呂駅へ。

途中遠くに岐阜城が見える。

駅からホテルへ向かい歩くこと5分。

 

今回の宿泊地は、

下呂温泉 下呂ロイヤルホテル雅亭

住所:〒509-2207岐阜県下呂市湯之島758-15

客室露天風呂が付いている部屋があるのでそちらを予約。

 

街中を歩き食べ歩き。

いざ!

下呂温泉

飛騨牛を使った

飛騨牛霜降りにぎりすき焼きコロッケがあるとのことで、早速向かう。

 

■湯島庵

〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島845

飛騨牛霜降りにぎり

飛騨牛霜降りにぎり

すき焼きコロッケ

 

〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島845

 

部屋に戻り、軽く温泉に浸かり晩御飯。

飛騨牛を含め色とりどりの鮮やかな晩御飯。

翌朝

下呂温泉合掌村が近くにあるというので、散歩がてら歩いて向かう。

15分程度歩くと、到着合掌村到着。

村内は「合掌の里」「歳時記の森」のゾーンで構成されている。「合掌の里」には重要文化財「旧大戸家住宅」を中心に白川郷、五箇山から移築保存された合掌造り家屋10棟が点在し、飛騨地方の民具の展示などがされている。

山手には下呂花見山「歳時記の森」があり、 村内には四季の山野草などが植えられ、飛騨の自然が感じられるようになっている。

陶芸や陶器の絵付け・手びねり、和紙の絵漉きも体験できる。

 

 

散歩しながら、お土産を買いに行く。

 

珍しいソフトクリームを発見。温玉ソフト。斬新だ。

温玉ソフト

お土産を探し回る。

焼酎や日本酒が並んでいる。

りんごジュースやトマトジュースも有名らしい。

 

そば焼酎を購入 天領。

 天領 そば焼酎

蕎麦も購入。

またワイドビューひだに乗り帰宅の途に着く

ワイドビューひだ ワイドビューひだ

 

 

Categories: グルメ, 温泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>